「即位礼正殿の儀」の日に

台風による被災者の皆様には謹んでお見舞いを申し上げます。 少しでも早く元の生活に戻れるよう祈念いたします。 さて、今日は天皇陛下の即位礼正殿の儀が行われ、朝から報道を拝見しておりました。 伝統的な儀式がかくも長く継承されていることは素晴らしいことと思います。 ところで、現在の皇室典範で皇位を継げるのは、皇嗣文仁親王殿下、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『人魚の眠る家』

皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 さて、 以下の部分を使用して臓器提供に関する意思を表示することができます(記入は自由です。)。 記入する場合は、1から3までのいずれかの番号を○で囲んでください。 1.私は、脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、移植のために臓器を提供します。 2.私は、心臓が停止した死後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷さまにおへそを取られる?

小さい頃、雷が鳴りだすと、「雷様におへそを取られないように、おへそを隠しておきなさい」と言われた記憶はありませんか。 お子様に言ったことのある方もいらっしゃると思いますが、その理由をご存知でしょうか。 もちろん、雷さまが来ておへそを取っていくことはありませんし、子供を怖がらせることが目的でもありませんね。 強い上昇気流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽と月の復活~朔旦冬至~

歳末のお忙しい時と存じますが皆さんお元気にお過ごしでしょうか。 大雪などの被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げます。 今日は二十四節気の冬至。太陽は今朝8時3分に黄経270度の冬至点を通過しました。冬至点は南緯23.4度と太陽が最も南に位置しますので、北半球では一年で最も太陽の南中高度が低く、昼の時間が短い日となります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦の日に

69回目の終戦の日をどのようにお過ごしでしょうか。 集団的自衛権を認める憲法解釈の変更が先日閣議決定されました。 「隣で友達が殴られたら黙って見ているか、殴り返すか」という議論をよくしていましたが、「黙って見ている」「殴り返す」の選択肢しかないような政治家に日本を任せて大丈夫なのかと思ってしまいます。 戦争は始めること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やる気スイッチ

なかなか書けないまま今年も半分が過ぎようとしています。 月日の経つのが早くなったのは、私の頭の回転が遅くなったためであることは十分に自覚しております。 時間が無いからと放ってある事も少なくないのですが、「やる気」のスイッチがうまく入らないのかも知れません。 先日NHKで放送された「ためしてガッテン ~やる気低下が危険信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年末に思う

「じぇじぇじぇ」と焦っている暇もないほど時が経つのは早いもので、暦の上ではディセンバーも残り数時間となりました。氏神様を「お・も・て・な・し」する準備はできましたでしょうか。 今年は台風、竜巻、大雨、大雪など気象災害が特に多かったように感じます。被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げます。 2020年の東京オリンピック開催が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「○言実行」

「○言実行」の○にはどんな漢字が入るでしょうか。 2013年・平成25年もアッと言う間に半分が過ぎますね。 年々時計の針の動きがスピードアップしていると感じるのは、恐らく私の頭の回転が遅くなったせいだと最近は自覚するようになりました。 皆さんは今年の目標の半分は達成できたでしょうか、あるいは五合目に達したでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足から老いてたまるか!

今晩は。 皆様、如何お過ごしでしょうか。平成24年も間もなく暮れます。 大雪の被害に遭われている方にはお見舞いを申し上げます。 先日、若い頃のように駅の階段を駆け上がって電車に乗ろうとしたところ、途中で息切れし、足も痛くて上がらなくなってしまいました。 駆け込み乗車など自慢にもなりませんし、危険ですので決してお勧…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

月遅れ盆迎え火と金星食

残暑お見舞い申し上げます。 皆さんはお盆休みでしょうか。お仕事の方、ご苦労様です。 御先祖様は無事に到着しましたか。 精霊棚に飾るきゅうりで作った馬は御先祖様をお迎えする時の早馬。なすで作った牛はお送りする時に使います。 宗教や儀式はさて置き、どなたも大勢の御先祖様がいらしてこの世に生まれたのですから、一年に一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普段そこに在る事への感謝

随分と御無沙汰しました。 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 昨日は利根川水系で基準値を上回るホルムアルデヒドが検出されたというニュースを外出先で他人事のように聞いておりましたが、帰宅してみると断水。予定外の事に水の汲み置きは無く困りましたが、幸い夜遅くには復旧しました。 今朝は窓を開けると異臭。隣家で使った何かの薬…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「後悔」と「反省」

後悔…ある行為を行ったあとで、それが悪かったと心を痛めること。 反省…自分の行為をかえりみて、よく考えること。 揺れに揺れた2011年も除夜となりました。 意に反して自宅や故郷を離れて年を越さなければならなくなった方々には改めてお見舞いを申し上げると共に、一日も早い復興をお祈り致します。 結果が思い通りになら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

皆既月食の情報

今晩は。fumi-yaです。 今夜地球の影に入ると知ってか知らずか、満月が東の空を昇ってきました。 皆さんのいらっしゃる所ではいかがでしょうか。 国立天文台発表の今夜の皆既月食の現象と時刻は    半影食の始め  20時31.8分    部分食の始め  21時45.4分    皆既食の始め  23…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中秋の満月

今晩は。fumi-yaです。 空は晴れていますか。満月が見えていますか。 大災害に見舞われた今年はお月様を見上げる気分にも復興への願いが伴います。 今日は太陰太陽暦の8月15日。 この昔の暦で7、8、9月を秋とすると、そのちょうど真ん中の8月15日が「中秋」、その夜が「十五夜」です。 月が美しい頃ですので十…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成23年白露

台風12号の被災者の皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 東日本大震災から間もなく半年です。 身の安全は、行政にのみ頼る事なく、自分で守るという意識が大切であると教えられたこの半年でした。 さて、今日は二十四節気の「白露(はくろ)」。 大気が冷え、草木にしらつゆを結ぶというような意味で、太陽は黄経165度を通過し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月遅れ盆に

月遅れ盆の入りですね。御先祖様は皆さんの所へ到着しましたでしょうか。 今年は特別な思いでこのお盆を迎えられた方も多いことでしょう。 殊の外急いでこの世を旅立たれた御霊には、馴染みの場所で束の間の休息をして行って欲しいものです。 祭祀は他の者が行うから、自宅に仏壇が無いから、お盆は関係が無いと思われている方、少しお待ち下…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「旅の日」に

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様、福島第一原子力発電所事故の影響を受けている皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 大切な人を亡くされた方、家を失った方、土地が使えなくなった方が大勢いらっしゃる事を考えると胸が痛みます。 被害の大きさに、未だどこから復興に手を付けて良いものか思案に暮れて居られる方もお出ででしょう。 幸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成24年暦要項

大雪の被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。 太陰太陽暦は平成23年が明けました。いわゆる旧正月です。 太陽暦の元旦に誓った一年の計が早くも挫折してしまった方は、この辺で軌道修正し、新たな計画を立ててみてはいかがでしょうか。 国立天文台からは来年(平成24年)の暦要項が発表されています。 それによりますと、春…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成23年新旧暦対照・二十四節気

太陰太陽暦の平成23年各月の朔(新月を含む日)、望(満月を含む日)、二十四節気が太陽暦(グレゴリオ暦)で何月何日になるかを示してあります。月名の後の(大)、(小)はその月が大の月か小の月かを表します。 一月(大)   ●朔   2月 3日    立春   2月 4日   ○望   2月18日     雨水   2月19…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小春、小六月

昨日は神無月について書きましたが、太陰太陽暦の十月の別名としては、「小春(こはる)」もあります。 「晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天」が「小春日和(こはるびより)」(気象庁のWebサイトより)。 移動性高気圧に覆われた時などにこのような天候になります。 俳句歳時記によれば「小春」は冬の季語で、「小春」や「小春日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more